固定残業代制でも未払い残業代は請求できる

固定残業代制は時間外労働が発生した時間に合わせて残業代を支払う制度ではなく、最初から決められた時間が労働の手当てを支払う給与形態です。

固定残業代制は事業所外で働くために企業側が労働時間の把握をしにくい場合などに多く、採用されています。固定残業代の時間数が30時間で設定されていて、実際にその月の時間外労働が20時間であっても決められている固定残業代が支払われます。しかし逆に超過した場合も別で残業代を支払わなくても良い訳ではないのです。

固定残業代制を採用していても支払われている金額以上に時間外労働をしていれば雇用主は労働者に手当を支給する必要があって、これは法的に定められた事です。もし固定残業代制を採用している事を理由に超過分の手当てを支給してもらえない場合は請求すれば支払ってもらう事が可能です。請求をする時は時間外労働があった事を証明できる証拠が必要になってきます。

タイムカードの記録や社内でのメールのやり取りの記録も有効な証拠となるので、記録を後で提出できるようにしっかり保存しておくべきです。残業代の請求は自分で行う事も可能ですが、証拠の整理や雇用主との交渉など素人には難しい事も多いので司法書士や弁護士に相談して代理人になってもらうのも一つの良い方法です。

司法書士は140万円以上の案件を扱う事ができないので、請求する額が高額になる場合は最初から弁護士に相談しに行って代理人になってもらうと良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です