残業代請求を弁護士に依頼するときは

企業相手の裁判を起こす時には、個人だけでは勝つのが難しいこともあるので、弁護士などに依頼して裁判にもちこむ必要があります。

残業代請求も同様であり、自分に対して支払われなかった対価をまとめて請求する時には必ず弁護士に依頼することが大事です。お金がかかると思う方も多いですが、ほとんどの弁護士が残業代請求に関しては着手金無料の成功報酬型のシステムを採用しています。

このシステムならば裁判で勝てば費用負担を、もし敗訴してしまったら報酬を支払う必要はないのです。残業代請求は法曹専門資格所持者にとっては簡単な手続なので、ほとんどのケースで支払われなかった残業代を取り戻せます。

依頼をするときにはただ全ての作業を弁護士に任せるのではなく、依頼者側も証拠を揃えてそれを提出しなければなりません。残業をしていた時に使っていた携帯電話や、パソコンにタイムカードの記録が残業の証拠として使えますから、持っている方は忘れないように渡すようにしましょう。

これらのデータを解析してから残業代がどれくらいあったのかを計算していくので、自分が思っていたよりも高い残業代が支払われることもあります。付加金の請求も出来ますので困ったことがあったらまずは法律事務所にいき相談を受け付けてもらうことに決めましょう。

弁護士は残業代請求の相談は親身になって応じてくれるので、事実を全て話すことで依頼者側の立場に立って手続と裁判を進めてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です