残業代請求を行う前に一度弁護士に相談が最善です

残業代請求を行う方法は、自分で会社と交渉して請求、労働基準監督署に申告して請求、通常訴訟で請求、労働審判で請求する方法が有ります。

一番簡単なのが自分で会社と交渉する方法になりますがこの場合に中途半端な交渉だと自分と会社との関係が悪化したり会社の法務部の人に難しい事を言われたら言い返せない場合が有ります。労働基準監督署は残業代請求の問題は労働トラブルの中でも重要(お金に関する事だから)としている為に主張に伴う説得力の有る証拠が有れば残業代請求の方法としては有力な方法で弁護士に相談する場合と違って相談費用も必要有りません。

会社外の組織なので良き相談先にもなり労働基準監督署への相談は匿名でも可能で残業代の計算等も正確にアドバイスしてくれます。裁判で残業代を請求する方法もありますが裁判を本人訴訟で行う場合には関連法的知識(民法・労働法・民事訴訟法等)の勉強を行わなくては行けません。

本人訴訟は自分で訴えを起こすので弁護士に訴訟を依頼するより金銭的な負担は少なくて済みますが下手をしたら敗訴リスクも有りますので弁護士に依頼した方が得策です(最低限訴えを起こす前に相談は行った方が良い)。

労働審判で残業代請求を行う方法も有りますが労働審判のメリットは通常訴訟より早期に解決出来る事が期待出来る事で労働審判での結果は法的拘束力も有るのがメリットの一つです。この場合も自分であれこれ考えずに弁護士に早期に一度相談した方が最善です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です