未払い残業代には時効があります

未払い残業代で悩んでいるという方、実は払ってもらっていない残業代には時効があることを知っていますか?

未払いなのだから、いくらでもさかのぼって支払ってもらうことができると思っていたら、大きな間違いです。実は残業代には、2年という時効が存在しています。この2年という時効が存在しているため、未払い残業代があるのならば、早めに請求することが必要です。では実際に残業代の請求をしたい場合には、どうしたらいいのでしょうか。
残業代が支払ってもらえず悩む方の中には、上司には言ったことがあるものの、取り合ってもらえなかったという方もいるかもしれません。
もしも上司に取り合ってもらえなかったのであれば、このまま上司に相談しても問題が解決しない可能性のほうが高いです。そこで上司に相談するのではなく、法律の専門家に頼るのも選択肢の1つです。未払い残業代の問題を解決したいのであれば、残業代の問題を多く扱っている弁護士に相談してみましょう。
弁護士に相談することで、法律的な立場から、残業代の問題を解決へと導いてくれます。弁護士に相談するとお金がかかるのが心配という方もいるかもしれません。ですが残業代が支払われれば、弁護士への相談料も支払えます。
弁護士の相談料を支払っても、未払い残業代として払ってもらえた額のほうが多ければ、弁護士にかかるお金を心配する必要はなくなります。お金の問題が心配なら、見積もりを比較して少しでも安く相談に乗ってもらえる弁護士を探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です