弁護士を介して未払い残業代を請求する方法

未払い残業代があっても、そこで働いているとなかなか請求しづらいものです。

居心地が悪くなったり、退職を迫られることも少なくありません。けれども未払い残業代が発生している場合には、請求するべきなのです。転職を考えているなら、転職後すぐに請求することがベストです。
未払い残業代には消滅時効があります。2年以内のものであれば遡って請求することができますが、それを過ぎると請求することができなくなるため、できるだけ早い対処が望まれます。自身が会社と直接交渉することで支払いが可能なら、それがいちばん望ましいことですが、会社によっては簡単に支払ってもらえないのが現状です。そのような場合には、弁護士に相談することで、確実に残業代を回収することも可能です。
請求する場合には、証拠となるものが必要となりますが、タイムカードの控えや勤務表などの証拠品がない場合、自身で請求しても解決することは難しいものです。労働問題を得意とした弁護士に相談し、どのような段取りで請求すればよいかを教えてもらうことです。未払い残業代の請求に応じない場合には、刑事処分となることもありますので、発生しているのであれば必ず請求することが望ましいのです。
また、残業代請求に強い弁護士によって監修された便利なツールで、厳密な残業代総額と回収方法を知ることも可能となりました。弁護士に依頼するにしても、自身で直接請求するにしても未払い残業代の正確な金額を知ることができるため、回収時の心強い存在になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です